橋本誠 HASHIMOTO MAKOTO -陶芸-

■〒321-1275 今市市室瀬426-16
■TEL&FAX 0288-22-2239

〈略歴〉
昭和18年 神戸生まれ
高校1年の時から絵を始め、2年になる頃には、
一生の仕事として、絵を描く事をえらんだ。
20歳で上京し、画家を志望し、絵を描く。
25歳の時 東京駒場の民芸館で李朝の器に出会い、
またその時に濱田庄司先生の講演を聴き、陶芸に興味を持ち、
画家仲間と、東京三鷹に薪窯(破れ窯 ヤレガマ)を作り、焼き物を始める。
30歳で本格的に焼き物をする為、現在の今市に移り、薪窯を作る。
今の窯は倒炎式の穴窯で他所に無い独自の窯、故に焚き方もオリジナルで、
独特の窯変による色合いをねらっている。
茶人の故小森松庵師に薫陶を受ける。
年5回程の個展に於いて作品を発表する。
(新宿伊勢丹、三越、銀座オカリヤ、神戸そごう、宇都宮東武,及びシエール等)
あそび、を軸にした器をめざす。

著 書      ホーム  しおり

本の一部を見開き紹介